青の花茶の成分は?

青の花茶は、今、ストレスを抱えている女性に指示されていますが、この青の花茶の成分には何が含まれているのでしょうか?青の花茶には、効果が期待できるといわれていますが、その理由は、なんといっても配合成分といえます。青の花茶にはどんな成分が含まれているのか気になっている方のために、お調べしました。

 

青の花茶の配合成分

青の花茶の配合成分をみてみましょう。

甜茶

ダイエットに効果が高い成分で、抗アレルギー効果が期待できます。抗炎症作用もあります。上品な甘味が特徴です。青の花茶もこの甜茶の甘味のおかげで満足感があります。

バタフライピー

タイでは、古くから飲まれているハーブです。タイ語では、アンチャンと呼ばれていて、タイを代表するハーブです。

 

バタフライピーには、女性を虜にさせる驚きの効果があります。アントシアニンという、アンチエイジング成分で有名な成分も含まれています。アントシアニンは、抗酸化物質ポリフェノールの一種です。

 

リラックス効果があり、眼精疲労を回復させる効果も期待でき、高い抗酸化作用もあります。

 

バタフライピーは、お茶や料理はもちろんのこと、様々な用途にも使われます。シャンプーや毛染めなどにも含まれていて、美髪や抜け毛の予防にも効果的です。美容効果が高いと注目されている成分です。

アマチャヅル

アマチャヅルには、サポニンという鎮静成分をたくさん含まれています。高麗人参と同じ成分です。ストレス緩和の健康茶で有名ですね。

 

サポニンには、新陳代謝を活発にさせて、細胞を若返らせます。そして、老化を予防し、若返りに役立ってくれます。フラボノイドという抗酸化の作用がある成分も含まれていますので、酸化ダメージを減らすことと、回復することの両方に効果が期待できる成分です。

 

サポニンには、血糖値を低下させ、血圧を低下させる働きもあります。そして、肝機能を改善する働きもあります。善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らしてくれるのです。

 

また、コレステロールの酸化を防いでくれます。フラボノイドも配合されていますので、ドロドロの血液を予防して、改善してくれます。生活習慣病を予防してくれるのです。

 

がんの予防や、リウマチの改善にも効果が期待できます。

メグスリノキ

メグスリノキは、昔から千里眼の木や長者の木、ミツバハナなどと呼ばれています。点眼薬や洗眼薬として使われてきました。

 

タンニンやカテキンが含まれていますので、眼病に効くのです。雑菌を抑えて、炎症を抑えてくれます。結膜炎や、ものもらい、花粉アレルギーなど、目がかゆいときに効果を期待できます。

 

目がかすむときや、近視にも効果があり、眼精の疲労対策にも有効な成分です。眼精疲労を緩和してくれて、動脈硬化というような成人病を予防してくれます。

ラフマ

昔から、葉っぱの部分をお茶として利用されていました。血圧を下げたり、コレステロールを下げる効果があります。また、抗菌作用もあり、気持ちをリラックスさせてくれる効果もあります。

 

また、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

 

>>青の花茶の最安値はこちら