柏にある医学部予備校では合格に必要なカリキュラムが組まれています

ポイントを絞って進めていくことも大切

担任の先生との面談でも、このまま頑張れば志望している大学へは大丈夫だろうと言うことでした。
1年生の頃の成績は学年全体でも上位の順位を取ることができたので安心していましたが、焦りを感じ始めたのが2年生になってからです。
定期試験の成績は今まで通り学年でも上位でしたが、全国規模の模試の結果を見て愕然としてしまいました。
合格率などが判定できる模試でしたが、志望している大学の医学部へ今の状態では無理だという結果です。
自己流の勉強を続けてきたため、弱点などをそのままにしていたようでした。
わかっているつもりでも間違えていた問題もあったため、両親と相談した結果はにある予備校へ通うこととです。
柏にある予備校の中でも、選んだのは医学部への合格実績の高いところでした。
入学し勉強を始めてから感じたことは、合格するために必要なことを考えたカリキュラムを組んでいることです。
自分なりに考えて勉強してきたつもりでしたが、ここと比較すると無駄だらけのように感じます。
ここも必要だと考え、余計な内容まで勉強していたようです。
受験という限られた期間では、ポイントを絞って進めていくことも大切だと説明を受けました。

医系専門予備校「メディカルラボ」3校開校、全国25校に (リセマム) 医学部専門予備校のメディカルラボは、2018年1月4日に「千葉柏校」「静岡校」「小倉校」の3校を開校し、計25校のネットワークを活用して全国の大学医学部入試… https://t.co/QeViImUl5t

— たぬ吉 (@tanuki584) 2017年11月8日

小さい頃から憧れていた職業はお医者さんポイントを絞って進めていくことも大切合格すできたのは適切な対策のおかげ

医学部 予備校 柏 : 医学部予備校・塾なら個別指導のメディックTOMAS